009号 船旅に持っていくと便利なもの

船旅を楽しむためにもっていってよかったもの、あると便利なものをご紹介しましょう。

船内は部屋数が多いので、長い廊下に同じようなドアが連なっています。
もちろん、部屋番号は書いてあるのですが間違えてよその部屋のカギをあけたりしないように
目印になるようグッズとマグネット式のフックを持って、自分の部屋を飾り付けました。

写真の飾りは同行者が100円均一のお店で買ってきたものです。あまり小さくても目立たないので、
15から20cm程度の物がおすすめです。磁石と小さめのポスターや、絵葉書を数枚でも
よいでしょう。
ただ、公共の場に出しておくものなので、万が一紛失してもよいものにしてください。
リピーターの方の中には、ドア一面に凝ったデコレーションをする方もいるようです。

 

こちらの写真はシーパスカードという、船内での清算が現金なしでできる船内専用のIDカードです。
部屋の鍵も兼ねています。このカードさえあれば、カジノを除き現金を持たずに過ごすことができ、
常に携帯することが必要です。

フロントでお願いすると右下の部分のように穴をあけてもらえますので、ここにひもやリボン
などを通して、首からぶら下げるなどすると紛失しにくいです。

もしくは、定期入れやIDパスホルダーなどを利用してもよいでしょう。
船内でもオリジナルのパスホルダーも販売しています。

また、女性の方は船内で日中過ごす時に、小さめのバッグがあると便利です。

部屋には小型の金庫があるので、貴重品はそこに入れておくことができます。


画像がピンボケで申し訳ないのですが、こちらは部屋のコンセントです。

230Vで、コンセントの形はB型とC型でした。一部の部屋には、日本と同じ形のA型もあるようですが、
私たちの部屋にはなかったので、変換アダプターの持参をお勧めします。

携帯電話やカメラの充電には、充電器に230Vや240Vと書いてあれば利用できます。
 
このほか、海上では日差しが強いので、日焼け止め、サングラス、帽子が必需品です。
 
2014/12/30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

<< TOP >>

 

 

 
 
旅行ガイドブック「るるぶ情報版」でおなじみ、「るるぶ」のモール型通販サイトです。全国47都道府県はもとより、海外主要70箇所のグルメ、スイーツ、お酒、雑貨、旅行用品といった、「旅とおでかけ」をテーマとした商品を幅広く販売しています
 

外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木も使っています。

 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は執筆当時(2014年)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座