002号 手軽さが魅力のカジュアルクルーズ

クルーズ旅というと、クィーンエリザベスや、日本の飛鳥II、にっぽん丸など豪華客船で
100万円以上の旅費がかかるというイメージがあるいかもしれません。

しかし、私の乗船したボイジャー・オブ・ザ・シーズは、カジュアルクルーズと
呼ばれれるお値打ちな船です。

欧米でクルーズ船は、ラグジャリー、プレミアム、カジュアルとサービスや規模によって
ランク別けされています。ホテルでいうところの、5つ星ホテルとファミリー向けのホテルのような
違いだと言えばわかりやすいでしょうか。



もちろん、このカジュアル船でも充分に楽しめますし、フェリーのような大部屋や相部屋などは
ありません。しかも今回は私の乗ったボイジャー・オブ・ザ・シーズも規模で言えば、世界最大級
で、プールはもちろん劇場やスケートリンクまであります。

日本最大のクルーズ船である飛鳥IIと船の大きさなどを以下の表で比べてみました。

  ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 飛鳥II
全長 310m 241m
全幅 48m 29.6m
総トン数 137,276トン 50,142トン
乗客定員 3114名 872名
乗組員数 1176名 約470名

船のサイズは圧倒的にボイジャー・オブ・ザ・シーズが大きいです。しかし、一人の乗組員に対する
乗客の数は、飛鳥IIが1.86名なのに対して、ボイジャー・オブ・ザ・シーズは2.92名となり、人的
サービスの面では飛鳥の方が期待できそうです。

実際にボイジャー・オブ・ザーシーズに乗ってみて、設備に関しては特に不満を感じることは
ありませんでした。ただ、人的サービス面でいうと、やはり人が多いので何かと「待つ」ことが
多かったのも事実です。

 

2014/09/10


 

<< TOP >>

 

 

 
 
旅行ガイドブック「るるぶ情報版」でおなじみ、「るるぶ」のモール型通販サイトです。全国47都道府県はもとより、海外主要70箇所のグルメ、スイーツ、お酒、雑貨、旅行用品といった、「旅とおでかけ」をテーマとした商品を幅広く販売しています
 

外貨両替は手数料が高い!!とお思いの方はこちらへ。青木も使っています。

 
楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!
様々な空港のラウンジが使えるようになります
 

 

 

この原稿の内容は執筆当時(2014年)のものであり、現在のものと異なることがありますのでご注意ください。

 

 

トップページへジャンプします AGLIAの会社概要   AGLIAの実績  リンク
JGCへのマイレージ修行記 メルマガ発行者のための文章講座 企業向けメルマガの編集を賜っています 駆け出しライターのための実践講座